一般財団法人三宅医学研究所は、患者様の一日も早い社会復帰に向けて最大のサービスを提供し、
予防医学から健診業務、治療を担った、トータルヘルスケアサービスで地域の皆様に貢献します。 法人のご案内 個人情報保護方針 サイトマップ
 HOME > 附属 三宅リハビリテーション病院 ・・・ 外来リハビリテーションのご案内
CATEGORY  ■■■
■ 病院概要
■ 病院長ご挨拶
■ 施設ご案内
■ 各科ご案内
■ 外来ご案内
■ 外来リハビリご案内
■ 入院ご案内
■ 転院ご案内
■ 回復期リハ病棟
■ 在宅医療ご案内
■ 訪問リハご案内
■ 地域連携室
■ 患者様の権利
■ 医療安全管理体制
■ お問い合わせ
■ 実習 Q&A
■ Information
 
一般財団法人 三宅医学研究所
附属 三宅リハビリテーション病院
- 外来リハビリテーションご案内 -
■ 外来リハビリテーションご案内
 
 当院では、退院後もう少しリハビリを続けたいという方や、入院するほどではないが日常生活に不便さがでてきたという方、また他院からのご紹介の方々に対して、医師の指示のもと外来リハビリテーションを提供しております。
 希望をされる方は、ご来院いただくかお電話にてお問い合わせください。また、予約やメールにて外来リハビリテーションに関するご相談を承っております。下記フォームより入力いただき、送信をお願いいたします。
※ リハビリテーション実施の際には事前に医師の診察が必要になります。

 
 
 
 
 リハビリテーションに関するご相談はこちらからどうぞ

 
 
 
外来リハビリテーションの対象者
 
 
 平成28年度外来リハビリ疾患内訳

 
 
外来リハビリテーションの種類
■理学療法         
 あらゆる病気や怪我、障害に対して自立した日常生活動作を可能にするため、必要な基本的動作能力の獲得を図ることを目的としています。また、スポーツ外傷、障害に対してもリハビリテーションを提供しています。
 
■作業療法 
 身体や精神の障害に対して自主的な生活を獲得するために、身体能力の回復、維持および開発を促し、生活との適応を図ります。そのためには様々な作業活動を用いて治療、指導および援助を行います。
 
■言語聴覚療法 
 脳梗塞や脳出血などの病気や事故などによる脳損傷によって引き起こされるコミュニケーション障害に対応していきます。
 
■物理療法 
 熱や光、電気などの物理的エネルギーを利用して治療します。具体的な治療手段として、温熱療法、光線療法、電気療法、牽引療法等があり、痛みの緩和や循環の改善、リラクゼーションを図ることなどを目的とします。 
 
 当院の外来リハビリテーションは予約制で個別担当制となっております。1週間ごとに通院日時、回数を予約していただくことで、待ち時間なくスムーズにリハビリを実施いたします。 
 
  
  【お問合せ先
   三宅リハビリテーション病院
   リハビリテーション課  担当:青木

   ■ダイレクトイン 087−831−2103 (内線 5952)
   ■代表番号    087−831−2101 (内線 1500)


 
 
 
 
 
 
 
Copyright(C) 2004 Miyake Medical Institute Group. All rights reserved.