Miyake Medical Institute Group

附属 三宅リハビリテーション病院

外来リハビリテーションのご案内

当院では、退院後もう少しリハビリを続けたいという方や、入院するほどではないが日常生活に不便さがでてきたという方、また他院からのご紹介の方々に対して、医師の指示のもと外来リハビリテーションを提供しております。
希望をされる方は、ご来院いただくかお電話にてお問い合わせください。また、予約やメールにて外来リハビリテーションに関するご相談を承っております。下記フォームより入力いただき、送信をお願いいたします。
※ リハビリテーション実施の際には事前に医師の診察が必要になります。

外来リハビリテーションの対象者

外来リハビリテーションの種類

理学療法

あらゆる病気や怪我、障害に対して自立した日常生活動作を可能にするため、必要な基本的動作能力の獲得を図ることを目的としています。また、スポーツ外傷、障害に対してもリハビリテーションを提供しています。

作業療法

身体や精神の障害に対して自主的な生活を獲得するために、身体能力の回復、維持および開発を促し、生活との適応を図ります。そのためには様々な作業活動を用いて治療、指導および援助を行います。

言語聴覚療法

脳梗塞や脳出血などの病気や事故などによる脳損傷によって引き起こされるコミュニケーション障害に対応していきます。

物理療法

熱や光、電気などの物理的エネルギーを利用して治療します。具体的な治療手段として、温熱療法、光線療法、電気療法、牽引療法等があり、痛みの緩和や循環の改善、リラクゼーションを図ることなどを目的とします。

三宅リハビリテーション病院 物理療法

当院の外来リハビリテーションは予約制で個別担当制となっております。1週間ごとに通院日時、回数を予約していただくことで、待ち時間なくスムーズにリハビリを実施いたします。

外来リハビリ(過去実績)

脳血管リハビリ

パーキンソン病、多系統萎縮症(MSA)
末梢神経障害、後縦靭帯骨化症
失語症、失認および失行症、高次脳機能障害
脳血管疾患、くも膜下出血のシャント術後、頭部外傷
脊髄損傷 など

廃用症候群

外科手術又は肺炎等の治療時の安静による廃用症候群
(誤嚥性肺炎後の廃用症候群など)

運動器リハビリ

関節の変性疾患(変形性関節症)
脊椎疾患(脊椎圧迫骨折、脊柱管狭窄症、腰痛症、頚椎症・頚椎症の術後)
四肢骨折(大腿骨頚部骨折、下腿骨骨折、足関節骨折、上腕骨骨折、前腕骨骨折、手指骨折)
肩関節疾患(肩関節周囲炎、腱板損傷)
人工関節置換術(股関節、膝関節、手指関節)
膝関節靭帯損傷、半月板損傷
アキレス腱断裂
スポーツ外傷 など

お問い合わせ

附属 三宅リハビリテーション病院
リハビリテーション課
担当:青木
TEL 087-831-2103(内線5952
代表番号
TEL 087-831-2101

© Copyright 2019 Miyake Medical Institute Group. All rights reserved.

PAGE TOP