Miyake Medical Institute Group

附属 三宅リハビリテーション病院

IT化への取り組み

当院では、患者様がより安全で快適にお過ごしいただけるよう、ITシステムの独自開発や専門業者との共同開発に取り組んでいます。本ページではその事例をご紹介します。

電子カルテと院内ネットワークの整備

当院ではいち早く電子カルテを導入し、患者様の情報を医療スタッフ全員が即時に共有できる環境が整っています。さらに、電子カルテを核として独自で開発したシステムをネットワーク化し、携帯端末やベッドサイドモニターと連携して、画像や検査数値などあらゆる情報の発生源入力や、入院患者様の療養生活の利便性を向上することを可能としました。

iOS端末の活用

病棟で勤務するスタッフのほぼ全員がiPhoneやiPod touchなどのiOS端末を所持しています。この端末で内線電話やナースコールの対応だけでなく、バイタルなどの患者様データをベッドサイドから直接電子カルテへ送受信することが可能です。これにより患者様のリアルタイムな情報を、いち早くスタッフ間で共有することが出来ます。

ベッドサイド端末

各ベッドサイドにはタッチパネル式のPCを備え付けています。インターネットの利用や療養中の各種案内はもちろん、提携するコンビニエンスストアへの発注をすることなどが出来ます。また、患者様がタブレットや携帯電話を持ち込まれた場合は、館内のWi-Fiを無料でご利用出来ます。

見守りセンサーシステム

見守りが必要な患者様に対して、ご同意を頂いた上で、居室にセンサーカメラ(見守りシステムNeos+Care®)を設置しています。見守り対象者の転落転倒の予兆運動をいち早く察知し、各スタッフが所持している端末に信号を送りますので、いち早く駆けつけて介助することが出来ます。(なお、画像はシルエット加工をしているため、プライバシーは保護されます)

自動再来受付機

外来受付カウンターに自動再来受付機を設置し、2回目以降の来院では受付で並ぶことなく自動で受付が出来ます。お手持ちの携帯電話(フェリカ機能付き)や診察券をかざすだけで受付を済ますことができます。お手持ちのICカード(WAON等)を診察券としてご利用いただくこともでき、大変便利です。

© Copyright 2019 Miyake Medical Institute Group. All rights reserved.

© Copyright 2019 Miyake Medical Institute Group. All rights reserved.

PAGE TOP